このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性悪猫 やまだ 紫

25 今日のおすすめ猫マンガ 衝撃 考えさせられる じわじわ


性悪猫 (やまだ紫選集)

絶品。

後の世に、必ず遺したい名著。
猫マンガというくくりで紹介するのをためらう作品。
「ガロ」に連載され、青林堂が書籍化してから、すでに40年近い歳月が流れています。しかし、まったく色褪せない。マンガとか、詩とか、芸術とか、哲学とか、猫が好きとか嫌いとか、そういう既存の枠組みを飛び越えて、時代も飛び越えて、あなたが手に取る日を待っている本です。 

性悪猫(やまだ紫選集)
小学館クリエイティブ (2009/10)
やまだ 紫 (著)

出版社からのコメント
自立した女性の繊細な感情を猫のしなやかな姿態に託した鋭利な感性と詩情の世界。急逝した著者の代表作がよみがえる。
収録作は「出口」「性悪猫」「長ぐつ はなかない 猫」「時間の兵隊」。絶版となっている青林堂版のカラーイラスト、単行本未収録作2編と新たに発見された貴重な猫イラストを初収録! 「あっぷるこあ」に発表された「性悪猫」の幻の原型の一部も含む、完全版で登場です。

この本も、合わせておすすめします。
樹のうえで猫がみている やまだ 紫

※この本に関しては、先に読んだ方々のレビューが非常に参考になると思います。気になるかたは、↓下に記したサイトへどうぞ。

読書メーター『性悪猫 』の感想・レビュー(現在25件)を読む
ブクログ『性悪猫 』の感想・レビュー・書評(現在11件)を読む
amazon『性悪猫 』のカスタマーレビュー(現在5件)を読む

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。