このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫は音楽を奏でる/猫は魔術師

25 今日のおすすめ猫エッセイ


猫は音楽を奏でる

とにかく凄いメンバーが42人も現れて
猫を語る語る語る


三浦しおん? わかる。猫好きそうだよね。夏目房之介? 言われてみれば、猫好きに見えるね。江川紹子? ……知らなかった。あの人も猫好きか。なぎら健壱? ホントかよ!?
そんな感じで、猫好き著名人を探している人にもおすすめの一冊です。
「ねこ新聞」通算150号を記念して上梓されたエッセイ集。
詳細は、以下です。(長いよ!) 

猫は音楽を奏でる
竹書房 (2013/3/16)
ねこ新聞社

内容
猫と暮らし、猫を愛し、猫に愛された著名人たちが猫猫への思いを綴った心温まるエッセイ集。
日本唯一の猫文学紙「ねこ新聞」に掲載された“猫好き"著名人の珠玉の猫エッセイ。第一弾書籍「猫は魔術師」より、4年ぶりの第二弾です。

「猫は語る」 角田光代
「性懲りもなく」 小池真理子
「ブチャイクよ永遠に」 三浦しをん
「味オンチ」 出久根達郎
「得手勝手」 養老孟司
「今は猫がいません」 内田春菊
「猫に学ぶ」 神林長平
「トラの生涯」 夏目房之介
「焦げ茶の王朝」 佐藤賢一
「猫とはつかず離れずが平穏だ」 高村薫
「最後のペット」 斉藤由貴
「ぼーっとした天使」 渡辺真理
「萩尾さんちのねこたちです」 萩尾望都
「ねこマキ」 黒川博行
「猫との春秋」 佐野眞一
「吾輩は猫である。まだ、なめられてはいない」 北村薫
「猫になる幸せ。」 高見恭子
「永遠の子供」 楠田枝里子
「猫たちに」 高橋克彦
「でかいチビ」 なぎら健壱
「お花のいる家」 平岩弓枝
「一匹っぼっち」 来生えつこ
「連れてゆきたい」 浅生ハルミン
「ふたりのねこ持ち」 江川紹子
「いつまでも一緒に」 蝶野正洋
「ネコの館」 牧伸二
「説教」 石牟礼道子
「ゲバ猫と裸のサル」  小松左京
「猫アレルギー」 藤原智美
「漱石の家の猫」 車谷長吉
「父のネコ、私のネコ」 香山リカ
「僕のご近所さん」 須藤元気
「ニャオ」 山本一力
「猫の茗字」 岸田衿子
「ネコと待ち合わせる駅」 関川夏央
「ハチワレ猫ちゃん」 宮城まり子
「外猫ケンさん」 村松友視
「ユダヤの民」 奥泉光
「うちのかま猫」 内館牧子
「家内亡きあと、猫もいない」 川本三郎
「猫占い」 恩田陸
「さささっの猫」 藤田宜永
あとがき・村尾清一(日本エッセイスト・クラブ会長)

長くて隠れちゃったんで、もう一度書影を貼りますよ。


猫は音楽を奏でる

※この本を読んだひとたちのレビューを参考にしたいひとは、↓下に記したサイトへどうぞ。

読書メーター『猫は音楽を奏でる』の感想・レビュー(現在23件)を読む
ブクログ『猫は音楽を奏でる』の感想・レビュー・書評(現在13件)を読む
amazon『猫は音楽を奏でる』のカスタマーレビュー(現在5件)を読む


猫は魔術師

こちらは姉妹本。「ねこ新聞」100号記念で上梓された、40名の猫好きによるエッセイ集です。


猫は魔術師

竹書房 (2008/10)
ねこ新聞社

本書はamazonでクリックなか見!検索ができます。

内容
かかってしまったら二度と解けない不思議な猫の魔術。犬ほど愛想がいいわけでも、忠実でもない。人の役に立つわけでも、芸が出来るわけでもない。生意気、自分勝手、わがまま、気まぐれ、マイペース…。でもなぜか愛してしまう不思議な存在“猫”に翻弄された40人の各界著名人たちが猫をこよなく愛する人へ贈るハードフルエッセイ集。(「BOOK」データベースより)

amazon『猫は魔術師』のカスタマーレビュー(現在10件)を読む

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。